HOME>オススメ情報>製品の売れ行きやヒットは見た目のデザイン次第

商品の魅力を伝えるパッケージデザインとは

魅力は機能性や効能だけとは限りません。イメージやそのアイテムから感じられることなど商品を使う人に抱いてほしい印象をデザインに反映させましょう。

パッケージデザインをするときに大切なこと

企業のトンマナにデザインをそろえる

企業イメージとそろったイメージを使うことでエンゲージメントも獲得しやすくなります。

わかりやすく商品の特徴を伝える

メリットや特筆すべきポイントなどがわかりやすいものを使いましょう。

ターゲットを意識する

商品を手に取ってほしい方をイメージしてパッケージデザインを作ることが重要です。

重要な情報を落とさない

法令や権利に基づき、記載すべき内容があるときは落とさないように必ず入れます。

目につくデザインを使うことを意識する

他の競合商品と並んでも目立つパッケージにすると手に取ってもらいやすくなります。

業者に発注する

色見本

パッケージデザインは商品を目立たせるため、また類似品との差をつけるためには重要なポイントになってきます。個人では中々行うことができないので、専門業者に任せてみるとよいでしょう。専門業者であればノウハウを持っていますし、どういうポイントがあって、どういう部分を強調したいのかなども分かっています。また専門業者であればコストを大幅に抑えることも可能になってくるので、依頼しやすいというメリットもあります。

コストを考える

デザイン制作

自社でパッケージデザインを行うともなると、専門的な知識が必要になります。強調をしたい部分があっても、それを上手に表現できるのか分からない、という不安もあるでしょう。実際に販売をしてみたら、他社製品と似たパッケージデザインになってしまっていた、ということもあるかもしれません。専門業者であれば他社のデザインも把握していることがあるので、類似のデザインになってしまうことも避けられます。また費用に関しても自社でデザインするよりも抑えることができる、という可能性があります。デザインを依頼する費用はかかりますが、実際に製作をする業者とのつながりもあるので自社で全て行うよりも大幅にコストを抑えることも可能です。

広告募集中